党青年局、地方との初めての会合で立ち上げを確認

 党青年局は22日、各地方ブロックの青年自治体議員が集まり会合を開き、青年局の立ち上げを確認するとともに、今後の活動について意見を交わしました。

 

 会合には、懇親会も含めて北海道、東北、北関東、南関東、東京、東海、中国、九州の各ブロックから、インターネットを通じて北信越、近畿、四国の各ブロックから45歳以下の青年議員がそれぞれ参加しました。同局長の中谷一馬衆院議員の他、国会議員では落合貴之、初鹿明博、森山浩行各衆院議員が参加、司会進行は三神崇志さいたま市議会議員が務めました。

 

 中谷青年局長は冒頭のあいさつで、青年局の設立について「私たち自身が未来に対してどういうことを示していくのか。若手議員、候補者が一丸となって党勢拡大できるメンバーを作っていきたい。私たちに好感を持ってくださっている若年層の組織化、将来党を担う人材のリクルーティングや育成、無党派層の若者に対しても立憲民主党のファンになっていただけるようなイベントの企画や広報を展開していく。そのために青年局は設立した。各都道府県連・ブロックによって諸事情が違うと思うので、地域の状況も踏まえて意見交換をしたい」と呼びかけました。

出席者らに話す中谷一馬青年局長

 同局事務局長の西沢圭太東京都議会議員は、来年の活動方針案を参加者に説明。「立憲民主党らしい青年局運動を皆と話し合って実現していきたい」と述べ、SNSなどインターネットを用いて連絡を取り合う体制を整える方針を示しました。

 

 会合では、具体的な活動の内容や進め方について質問が上がり、中谷局長は「ベンチャー政党だと思っている。フットワークの軽さがあると思うので、皆さんのご協力をいただきながら進めていきたい」と呼びかけました。

 

 渡辺創宮崎県議会議員(県連代表)は「果敢に僕らにもチャレンジできるフィールドができたのは幸せなことだと思っている。宮崎で、九州でどう取り組むかを考えたい。たくさんの人たちがやる気になる青年組織をつくっていきたい。もっと党に近寄りたいという周辺の人たちも巻き込んでいきたい」と述べました。須山卓知府中市議会議員は「立憲民主党は若い、新しい政党だ。だからこそ若い人たちにこの党に期待していただき、一緒に作っていきたい。そういった政党にするための青年局だ」と決意表明しました。

意見交換する渡辺創宮崎県連代表

 また、今回の会合には今月5日に県連設立の届け出がされたばかりの山口県の久冨海柳井市議会議員も参加し、「山口県では地方議員も自民党が席巻している。まさに伸びしろしかないと思っている。県では微力だが全国にこういう仲間がいるということを忘れずにがんばっていきたい」と語りました。

 

 党青年局では、引き続き各都道府県連での青年局の体制を整えるとともに、女性自治体議員や候補予定者の参加を進めます。

自己紹介する山口県の久冨海柳井市議会議員

最新ニュース

  • no-img

    立憲民主党青年局のホームページを開始いたしました。

  • 「コロナ危機と自治体のデジタル変革~今国会議員と地方議員ができること」オンラインセミナーを開催しました。

  • 「緊急わかもの会議」をオンラインで開催、新型コロナウイルス感染拡大が学生にどのような影響を与えているかヒアリング

  • 立憲民主党青年局が「国会、行政、政党におけるデジタル改革に関する提言書」を福山幹事長へ提出

  • オンラインでのおしゃべり課外活動開催

カテゴリー